家賃保証サービスで安心のマンションオーナーライフを。

マンションオーナーが一番心配していることって何だと思いますか?
おそらくほぼ全員が「入居者の家賃未払い」と答えるでしょう。
マンションオーナーにとって家賃は唯一の収入となりますので、こちらが途切れてしまわないように常に気を遣っています。

そんな皆様にご提案したいのが、『フォーシーズ株式会社』の”家賃保証”です。
その名のとおり、入居希望をしている方の家賃支払い能力を保障するというサービスになります。
賃貸契約がスムーズになるので、大変評価が高いのだとか。

また、何かしらの事情があって家賃の支払いができないという入居者がいれば、フォーシーズが一時的に家賃立て替えも行ってくれます。
これにより、マンションオーナーにとってはリスクヘッジが可能となるでしょう。
ちなみに、入居者はフォーシーズから連帯保証をしてもらう代わりに、「保証委託料」というものを支払う仕組みとなります。

家賃保証のサポート内容としては、賃料以外にもたくさんあるので、一部ご紹介しましょう。
・変動費(水道費など)
・委任による明け渡し
・弁護士費用
・強制執行費用
なども対象となっているようなので、心強いですね。

詳細、新規申し込み、ご契約などはすべて公式ホームページ(https://www.4cs.co.jp/business/shikumi.html)から行えます。

8月 15, 2018 · admin · No Comments
Posted in: 不動産関係

太陽光代理店になるメリットとは

太陽光発電は東日本大震災以降注目されていますね。非常時の電力不足に備えるためには太陽光発電をつけておいた方が良いと考える方が増えています。国からの補助こそ終了しましたが、自治体からの補助は残っているところもあります。また、電気代自体が値上がりしているので、自家発電によって光熱費を抑えたいと考える方もいます。最近新築されているマンションなどは太陽光発電完備で光熱費を大幅に抑えられることをアピールポイントにしているところも多いです。

さて、このように注目の太陽光発電、その販売代理店になりませんか?太陽光代理店になるメリットについてご紹介していこうと思います。工務店様などが太陽光代理店になっておくと、家を建てたいと思った方やリフォームしたいと思った方が訪れた際に、太陽光発電の設置も併せて薦めることができますね。太陽光発電付きの家を建てたいという客層も対象にすることができますので、商売の幅が広がります。また、エコに力を入れている業者として評判も上がるでしょう。

では、太陽光代理店になるにはどうすれば良いでしょうか?各太陽光発電メーカーごとに代理店の条件が異なりますから、まずはメーカーに相談しましょう。

4月 24, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 未分類

値段が高いビジネスフォンを安く購入する方法

http://morrisdeesaward.com/会社では業務用の電話機が複数台、設置されていますよね。外線や内線を使い分けられるため、家庭用とは根本的に仕様が違う電話機だといえるでしょう。ちなみに業務用の電話機のことをビジネスフォンと呼びます。

このビジネスフォンですが、購入するにしても回線をひくにしても、かなりの費用が必要となります。というのもビジネスフォンは、一部の電話工事業者でしか販売を許されていないため、会社側の需要とは裏腹に供給先が限られているのです。そのため家庭用の電話機のように誰でも購入できる値段に設定されていないんですよね。

そのため複数のビジネスフォンを使用したい場合には、中古製品の購入を検討してみた方が良いのかもしれません。ちなみに以下の会社では業務用の中古電話機が販売されています。

■ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ
>>ビジネスフォンならこちらを参照してみてください

こちらでは電話回線との同時申込で、ビジネスフォンを無料で設置してもらえます。また3台以上の場合でも、42,000円と非常に安いですので、興味があれば公式HP上で掲載されている金額を見てみるといいでしょう。

また扱っているメーカーも沢山ありますので、機能などから選ぶこともできます。提供数も小規模オフィスから大企業までと、幅広いラインナップになっていますよ。

4月 22, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 未分類

介護保険ソフトを選ぶためのポイント3つ

介護の分野は急激に需要が高まってきており、今後もその傾向は続くと言われていますが、それに伴い介護事業に必要な業務も増え続けています。介護事業をする上でなくてはならないのは、介護保険ソフトです。

毎月1日から10日までの間に、前月に保険適用内の業務に対する請求を行うわけですが、この計算が非常に難しく、さらに少しでも訂正があると翌月以降に支払いが先延ばしされてしまうのです。保険による入金が経営の要である介護事業において、入金が遅れることは死活問題ですし、計算にかかる負担は相当なものになっています。

その手助けをするのが介護保険ソフトです。現在、実に多くのソフトが登場しており機能の違いはもちろんですが、初期費用が掛かるもの、毎月の使用料がかかるものなどどれを選んでよいのかイマイチわかりづらいという難点もあります。

どういった点に注意して選ぶのが良いのかという事ですが、導入にかかるコスト、ソフト自体の扱いやすさ、そしてサポート体制の充実などがポイントになってくるでしょう。どんなに業務が楽になってても、経営を圧迫するほどコストの高いものは無理ですし、安くても扱いづらくサポート体制も弱いものなら使いこなすことが出来ません。

多くの場合、無料期間を設けてくれていますのでそれらを利用して、最も使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

5月 11, 2013 · admin · No Comments
Posted in: 保険関係